夢のようなシーン、痴女の責めプレイが盛りだくさん!

もし、美しい大人の女性から言い寄られたら、断り切れる自信がありますか?
江波りゅうの責め作品の一つ「熟女の口はもっと嘘をつく」は痴女キャラになって、男優を翻弄するかのように絡みます。

夢のようなシーンが沢山!

学生の頃や病院に行ったときには「年上」「美人」というのは、視線が勝手に動かしてしまうもの。
女教師やナースから優しく手ほどきされるのは、現実ではないですよね。
今回、江波りゅうが演じるものは男性だったら夢見ていたものを、エロ動画から見せてくれるわけです。
コスチュームは「ナース・教師・クラブのママ・人妻」の全部で4つ。
彼女の責める絡みが、鑑賞する視線を一気に奪います。

実は初めての痴女キャラ

驚くべきなのは、彼女自身が痴女キャラをするには初めてとのこと。
他の作品とも比べると、初々しいような感じもしますが、そうは見えないほどの痴女を演じます。
この作品は、彼女の様々な演出を楽しむことができ、シーンによって責め方も違います。
クラブのママならお金を支払わずに逃げていた男に体で払えと、ご褒美なのか分からないプレイを強要します。
自身が夢描いていたシーンを選択すると楽しみも増えますね。


草食系は必見

リアルな美しい女性には手が出せなくても、エロ動画なら満足したい草食な方には、この作品は一押しです。
痴女キャラと聞くと、Mの方が観るものではと思いますが、江波りゅうの美しさに見とれながら責められる自身を想像しただけでも、興奮が止まりません。
ファンだけではなく、奥手な草食系もこの作品には、夢のような見どころが盛りだくさん詰まっています。